ペット用品は慎重に|可愛いだけで選ばない

動物

犬と一緒に暮らすために

犬と男性

褒めることは大切

犬をペットとして飼っている方は多くいます。犬は人間に従い賢い動物の一つですが、ペットとして自分の家に来たときから飼い主である自分や家族の指示に従い賢いものだと勘違いしている方がいます。ペットとして初めて家に来たときは、何も犬のしつけをされていない状態です。自分や家族がしっかりと犬のしつけを行わなければ、多くの方が思い描く賢い犬になることはありません。犬のしつけをするのは小さなうちが良いですが、ある程度の成犬になっても行うことはできます。また、しつけには2種類の方法があり、うまくできなかった場合に罰を与える方法とうまくできたときにご褒美を与えたり褒めたりする方法です。おすすめはご褒美を与えたり褒めたりする方法です。罰を与える方法はストレスに感じることが多く、飼い主には従いますがそれ以外の方には吠えたり問題行動を起こすようになってしまいます。そのようにならないためにも、うまくできたら褒めるということを常に念頭に置くことが大切です。

しつけは大切なこと

犬のしつけで一番に行う必要があるのは、飼い主と犬の主従関係を理解させることです。主従関係がしつけられず、ペットがリーダーになっている場合がありますが、犬は自分がリーダーだと思うとその家族を守ろうと動きます。そして、その守ろうとする行動などがストレスになり短命になることがあるので、長く一緒にいたいと思うなら早くに人間がリーダーということを理解させる必要があります。犬を飼う方の中には犬は家族の一員でしつけをするのはおかしいと感じる方がいますが、犬のしつけを行わなければ他人に噛むなどの問題行動を起こし飼い続けることが困難になる場合もあります。犬というのが人間ではない存在ですが、人間のペットとして社会生活を送るためにはしつけが大切です。犬を飼うときはしつけが大切ということを理解してから飼う必要があります。